フレキュレルは危険?フレキュレルの副作用とは?

お顔に点々と散らばるそばかす。鏡を見る度に憂鬱ですよね。また、そばかすがない人も安心はできません。加齢やホルモンの乱れによりシミや肝斑ができてしまうかもしれないからです。

 

しかし、そんなそばかすやシミに高い効果を発揮するのがフレキュレルです。フレキュレルは、多くの雑誌で取り上げられ、顧客満足度92.7%を誇る、今話題の薬用クリームです。

 

しかし、効果が高ければ高いほど気になるのが、副作用です。効果が高いということは、何か危険な成分が入っているのではないかと心配になる方もいらっしゃるかもしれません。

 

そこで、フレキュレルに危険な成分が入っていないかどうかを検証するとともに、副作用についても見ていきたいと思います。

 

危険な成分はあるの?

 

まず、フレキュレルに含まれる、主な成分を見ていきましょう。

トラネキサム酸

メラニンの生成を抑制

バイオベネフィティ

メラニンの生成を促進させる物質を阻止

アルピニアアカマツダイ種子エキス

メラニンが合成されるプロセスを阻止

タイムエキス

メラニンが細胞内を移動させるのを阻止

シュガースクワラン

メラニンを排出するだけでなく、高い保湿効果を発揮

 

 

肝斑に高い効果を発揮するトラネキサム酸はアミノ酸の一種です。アレルギーや炎症を抑える効果があり、医療現場でも使われています。

 

また、バイオベネフィティはアーティチョークから抽出される成分で、アンチエイジング効果もあり、副作用の心配もありません。

 

また、フレキュレルには5種類の保湿成分が配合されていますが、セラミド-3やキウイエキスなど、どれも副作用の危険がないものばかりです。

 

他に32種類の植物由来成分が配合されていますが、特に副作用を起こすような危険な成分は見当たりませんでした。

成分以外にも危険はないの?

しかし、いくら有効成分が安心でも、香料などの添加物が配合されていては、お肌を刺激しかねません。では、有効成分以外ではどうなのでしょうか。

 

実は、フレキュレルは香料・着色料・タール系着色料・紫外線吸収剤・パラベン・鉱物油などの添加物が一切入っていません。フレキュレルは毎日安心してケアできるように、無添加にこだわった低刺激の薬用クリームなのです。

 

また、高品質の国内工場で生産されており、品質マネジメントシステムの国際規格ISO9001も取得しています。アレルギーテストも実施されており、敏感肌の方でも安心して使用することができるのです。

 

フレキュレルの副作用まとめ

 

このように、フレキュレルは副作用の心配もなく、危険な成分も配合されていないため、敏感肌や乾燥肌などあらゆるお肌の方に安心してオススメできる薬用クリームなのです。

 

しかし、どのケア用品にも言えることですが、どんなに高品質でも万人に合うものはありません。フレキュレルも残念ながら、どうしてもお肌に合わない方も中にはいらっしゃるかもしれません。

 

そのような場合でも、フレキュレルは集中ケアコースを利用することで、180日間の返金保証が付いているので安心です。敏感肌のために、副作用が心配でそばかすケアを諦めていた方は、一度フレキュレルを試してみてはいかがでしょうか?

 

>>フレキュレルの詳細はこちら